平成29年度 知財総合支援窓口運営業務(独立行政法人 工業所有権情報・研修館事業)

知的財産に関することなら、お任せください!

支援事例

株式会社立神鐵工所への支援事例SUPPORT EX

企業情報
所在地 沖縄県豊見城市金良
ホームページ URL http://tachigami.com
設立年 2001 年 業 種 製造業(金属加工)
従業員数 15人 資本金 500 万円
企業概要

台風による被害、潮風による塩害、毎年、多くの災害をもたらす沖縄本島。 その環境で育った私達や先人達は、過酷なことで下を向かず常に前向きな姿 勢を貫いてきました。
当社はその精神を受け継ぎ、金属加工・工事において困難な課題をアイデ アと職人技によって克服し、お客様に満足のいくサービス・製品を提供して まいりました。
特に立地場所の地形を選ばないオリジナルソーラーパネル架台から生ま れた基礎杭は、昨年国内特許を取得し、様々な分野への利用が期待されると ともに、海外からも熱い視線が向けられています。

自社の強み

1.Worldpile(商標登録第5818661号)。
当社の強みはモノづくりへの情熱あふれる社長を中心に、職人・社員一丸 となって一つ一つの仕事に全力で立ち向かうチーム力です。
小さな工場だからこそできるお客様のご要望への徹底したこだわり。新た な発想・アイデアをカタチにできる確かな職人技。そして一つ一つのオーダ ーにしっかりと対応できる柔軟性をチームで提供しています。

一押し商品

1.Worldpile(商標登録第5818661号)。
砂地にも打ち込め、最大1tを超える抵抗力を有する革命的アンカー杭。
基礎杭では一般的に使用するコンクリートが不要で、大幅な工期及び施工時間の短縮を実現しました。
(特許第5847977号)海外特許出願中。

 

2.RyuPara(意匠・商標登録出願中)
どこにでも楽々設置でき、強風にもびくともしないパラソル。楽しいビーチレジャーに安心と安全を提供します。
(特許第5847977号利用)

知財総合支援窓口活用のポイント

窓口活用のきっかけ

同社は情熱あふれる社長を中心とするアイデア集団で、日頃から様々な工夫を工事に取り入れていま したが、その過程で出来上がってきた新たなアンカー杭について各種実験、検証を重ねた結果、従来の 基礎杭では考えられない引き抜き抵抗力を有することが確認できていました。この新型アンカー杭を利 用すれば、今まで設置が困難とされていた砂地への構造物の構築が、超短工期、短施工時間で可能にな るため、同社は早急に製品化及び普及を図るべく、国内外の展示会への出展を計画しているとのことで した。ただし、製品の性格上、展示会等へ出展すると容易に模倣品が作られる可能性があるので、その 対策について相談したいと窓口に来られたのが窓口活用のきっかけです。

最初の相談概要

相談を受けた窓口支援担当者は、前捌きの中で、当該製品の事業性、特許性に関して可能性を強く感 じ、先行調査を早急に行うこと並びに、調査結果に基づき国内及び外国特許出願を検討するようにアド バイスしました。特に特許登録及び模倣排除の点から、展示会出展の前に出願を済ませておくことを強 く勧め、さらに外国出願について概要を説明しました。そして直近に予定していた知財専門家(弁理士) 相談に繋ぎました。

その後の相談概要

相談を受けた知財専門家より、特許出願の一連の流れ並びに海外での権利化を行う場合について、パ リ優先の有効活用について具体的な事例を挙げながら説明がありました。また、新規性喪失の観点から 展示会への出展、同社ホームページでの紹介は出願を優先するようにとのアドバイスがありました。そ の後知財専門家と先行技術調査による支援で、特許の可能性が高いことの助言により、特許出願並びに 早期審査を経て特許登録となりました。
なお、本特許を活用した製品の国内商標登録を行うとともに、並行して国内出願を基礎として外国へ のPCT出願を行っております。

窓口を活用して変わったところ

同社は窓口に最初に相談に来られてから、短期間のうちに国内特許出願・登録、PCT出願、商標登 録そして多くの展示会への出展等、知的財産を事業に活用する動きを積極的に行っています。同社の特 徴である社長を中心とするアイデア集団から生み出される数々のアイデアが、同社の保有する知的財産 であることを認識され、さらなる知財経営に向かって進んでいます。

これから窓口を活用する企業へのメッセージ

日々行っている工夫、アイデアが事業にとって貴重な知的財産であり、その管理、保護、対応が事業 経営にとって重要であることを認識しました。小さな企業でも独自の技術力とアイデアで業界の中で輝 くことができると考えています。

窓口担当者から一言 (氏名:本藤 勉)

本件の支援を通じてアイデアが事業の推進力の一つになることを実感していただきまし た。バイタリティーと行動力にあふれ、社名の通り後ろを見ないで前進をつづける社長に 率いられたアイデア集団のこれからに期待いたします。

相談窓口スケジュール

« 2018年2月»
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
  • 相談受付
« 2018年2月»
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
  • 相談受付
« 2018年2月»
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
  • 相談受付
« 2018年2月»
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
  • 相談受付
うるま窓口
一般社団法人 沖縄県発明協会
〒904-2234
沖縄県うるま市字州崎12-2
(沖縄県工業技術センター1F)
うるま窓口
那覇窓口
沖縄産業支援センター
〒901-0152
沖縄県那覇市小禄1831-1

ページトップへ